弁護士費用

弁護士費用

目安が知りたいあなたに!

※日本弁護士連合会「市民のための弁護士報酬ガイド」より

弁護士に頼んだら、いったいいくらかかるのだろう・・・・・・・・?

2004年4月1日から弁護士会の「報酬基準」が廃止され、弁護士はそれぞれ自由に料金を定められるようになりました。でも、全くわからないのでは不安になります。

弁護士の仕事は実にさまざまです。相手の出方によっても、事件の複雑さによっても、必要な時間はいろいろです。弁護士に依頼するときには、事情をよく説明してご相談下さい。

弁護士費用って、いったい何?

弁護士に依頼するときの費用には、弁護士報酬と実費の2種類があります。

弁護士費用 弁護士報酬 ・着手金・報酬金・手数料・法律相談料・日当・タイムチャージ・鑑定料・顧問料 など
実 費 ・収入印紙代・交通費・通信費・コピー代・保証金・供託金 など

弁護士報酬

弁護士報酬のおもなものを説明します。ほかに、法律相談料、書面による鑑定料、タイムチャージ、日当、顧問料があります。

着手金・報酬金

「着手金」は、結果に成功・不成功があるときに、結果にかかわらず弁護士が手続きを進めるために着手時に支払う、いわばファイトマネーです。なお、報酬金とは別で、手付ではありません。

「報酬金」は、結果の成功の程度に応じて支払う成功報酬のことをいいます。したがって、完全に敗訴となれば、報酬金は発生しません。

手数料

「手数料」は、契約書作成、遺言書作成、遺言執行など、1回程度の手続きで完了するときのものです。

実費

たとえば、収入印紙代、交通費、通信費、コピー代、保証金や供託金などです。弁護士への依頼内容によって必要となります。

委任契約書

 実際に弁護士に依頼するときには、委任契約書が作成されます。委任契約書の内容をよく確認し、疑問点があれば、遠慮なく弁護士に おたずね下さい。

当事務所の報酬例

報酬例は以下のとおりですが、当事務所では経済的に余裕のない方も積極的にお迎えしてます。
相談料は無料で着手金は後払いでも結構ですので、まずは御気軽にご相談ください。

1.遺産分割に要する費用

遺産分割について,相続人間に争いがある場合,当事務所の弁護士が,あなたの代理人となって,紛争解決に関与します。

1 着手金 30万円+消費税
事件依頼を受けた時にお支払いいただきます。

2 報酬金
遺産分割事件が終了した時点で,取得した価格に応じてお支払いいただきます。
但し,報酬金の最低額は30万円+消費税とします。

依頼者が取得した遺産の額 依頼者が取得した遺産の額
        ~3000万円以下の部分 6パーセント
3000万円を超え,1億円以下の部分 5パーセント
        1億円を超え,3億円以下の部分 3パーセント
        3億円を超える部分 2パーセント

2.遺言の作成に要する費用

遺言書を公正証書にした場合、手数料は定額制とし、10万円+消費税をいただきます。但し、遺言内容が複雑多岐の場合には15万円+消費税の範囲内で増額する場合があります。なお、手数料以外に公証人に支払う費用が別途必要になります。

遺言執行者に就任した場合、遺言執行に要する報酬金は遺産総額の3%に相当する額と、それらに対する消費税相当分の金員とし、予め遺言書の中に記載しておきます。但し、30万円+消費税を最低額とします。

静岡 相続・遺言・信託・遺産協議相談サイト

〒420-0839 静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号 NEUEZEIT(ノイエツアイト)4階 TEL.054-251-1348

〒420-0839 静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号
NEUEZEIT(ノイエツアイト)2階・4階

[平日法律相談] 09:00 - 20:00
[土曜法律相談] 10:00 - 16:00