静岡の弁護士による遺産相続・遺産分割・遺留分の相談。弁護士法人鷹匠法律事務所。

弁護士が安心を提供します! 静岡の弁護士による相続相談所

  • トップページ
  • 事務所概要
  • 弁護士紹介
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • 保険金受取人と遺留分減殺請求の関係

保険金受取人と遺留分減殺請求の関係

zaisannbunnyo.jpgのサムネール画像

  保険契約者は,保険事故発生までは,保険金受取人を変更することができ,その変更は保険会社に対して意思表示をすることになります。

 

  但し,保険法によりまして,被保険者の同意がいることになります。

 

  夫婦の間では,それぞれの配偶者を保険受取人にすることが多いと思われますが,夫婦仲が悪くなり,第三者に保険受取人を変更することがあります。

 

  配偶者が死亡した際,自分が保険受取人になっていないことに初めて気付く場合,さぞかし驚かれることと思います。

  この場合,他に多くの相続財産がない場合,保険金受取人に遺留分の減殺請求ができるでしょうか。

 

  この点につきまして,最高裁判所は,自己を被保険者とする生命保険契約の契約者が死亡保険金の受取人を変更する行為は,遺贈や贈与にあたるものではなく,遺留分減殺請求の対象とならないとしています。

 

  その理由は,死亡保険金請求権は,指定された保険金受取人が自己の固有の権利として取得するものであって,保険契約者又は被保険者から承継取得するものではなく,相続財産ではないからです。

 

  さらに,死亡保険金請求権は,被保険者の死亡時に初めて発生するものであり,保険契約者が払い込んだ保険料とは対価関係になく,死亡保険金請求権が,保険契約者又は被保険者の財産に属していたとみることができないことも理由の1つになると思われます。

弁護士にご相談される方は事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※誠に恐れ入りますがお電話でのご相談は実施しておりません。ご相談はご予約のみとさせていただいております。

HOME 弁護士紹介
事務所紹介
アクセス
弁護士費用





鷹匠法律事務所の無料相談

コンテンツ

所属弁護士による著書

明治維新とあるお雇い外国人 「副島種臣」 後藤象二郎と近代日本 斎藤隆夫 法律相談時間のご案内 事務所概要 アクセスマップ
⇒詳細はこちら
鷹匠法律事務所
ImgLS10.jpg後遺障害
破産サイトバナーImgLS150001.jpg
図40001.png労災バナー.png
皆様のお役に立てるように・・・
私たちは依頼者にとって
最幸の結果を目指します。
お気軽にご連絡ください。
弁護士にご相談の方は
こちらまで
0120-33-1348