静岡の弁護士による遺産相続・遺産分割・遺留分の相談。弁護士法人鷹匠法律事務所。

弁護士が安心を提供します! 静岡の弁護士による相続相談所

  • トップページ
  • 事務所概要
  • 弁護士紹介
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • 相続Q&A
  • 保険契約者と被保険者が同一の生命保険契約で,保険契約者が指定した死亡保険金の受取人が,生命保険金の請求権を放棄した場合,生命保険会社は誰に生命保険金を支払うべきですか?

生命保険金の請求権を放棄した場合

保険契約者と被保険者が同一の生命保険契約で,保険契約者が指定した死亡保険金の受取人が,生命保険金の請求権を放棄した場合,生命保険会社は誰に生命保険金を支払うべきですか?

zaisannbunnyo.jpgのサムネール画像  死亡保険金受取人が,死亡保険金の請求権を放棄することは,当然ながら可能です。

  その場合,生命保険会社は,誰にも生命保険金を支払わなくてもよいのでしょうか。

 

  大阪高裁の平成11年12月21日判決は,「被保険者が死亡すると,保険契約者の保険契約に関する処分権は消滅し,保険金受取人の権利は確定的となり,具体的な金銭的債権となる。そして,この保険金請求権は,通常の債権と変わりがないので,保険金受取人は, これを自由に処分することが可能となる。保険金受取人がこの請求権を放棄すれば,保険金請求権は確定的に消滅したというほかない。」と割り切った判示をしています。

 

  しかし,これでは,保険料を支払った保険契約者兼被保険者の意思を無視するものだと思います。

 

  保険契約者兼被保険者は,保険金受取人が請求権を放棄すれば,自己を受取人として,相続人に死亡保険金を受領させようとの意思を有しているかもしれません。

 

  学説では,この場合,保険契約者の合理的意思を尊重して,この保険契約は受取人の指定のない契約だとみるのがよいとするのが有力です。

 

  生命保険会社の実務の扱いでも,大阪高裁のような立場を取らず,保険契約者が自己のためにした契約だと考えて,保険契約者の相続人に死亡保険金を支払っているとのことです。

弁護士にご相談される方は事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※誠に恐れ入りますがお電話でのご相談は実施しておりません。ご相談はご予約のみとさせていただいております。

HOME 弁護士紹介
事務所紹介
アクセス
弁護士費用





鷹匠法律事務所の無料相談

コンテンツ

所属弁護士による著書

明治維新とあるお雇い外国人 「副島種臣」 後藤象二郎と近代日本 斎藤隆夫 法律相談時間のご案内 事務所概要 アクセスマップ
⇒詳細はこちら
鷹匠法律事務所
ImgLS10.jpg後遺障害
破産サイトバナーImgLS150001.jpg
図40001.png労災バナー.png
皆様のお役に立てるように・・・
私たちは依頼者にとって
最幸の結果を目指します。
お気軽にご連絡ください。
弁護士にご相談の方は
こちらまで
0120-33-1348