静岡の弁護士による遺産相続・遺産分割・遺留分の相談。弁護士法人鷹匠法律事務所。

弁護士が安心を提供します! 静岡の弁護士による相続相談所

  • トップページ
  • 事務所概要
  • 弁護士紹介
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • 相続Q&A
  • 相続人に認知症の人がいる場合、遺産分割協議はどのようにしたらよいでしょうか?

相続人に認知症の人がいる場合の遺産分割

相続人に認知症の人がいる場合、遺産分割協議はどのようにしたらよいでしょうか。

不動産.jpgのサムネール画像

 遺産分割の協議をする場合、相続人に判断能力や理解力が必要です。

 

 認知症などによって判断能力や理解力を欠く人は、遺産分割の協議に参加しても、有効に協議を成立させることはできません

 

 例え、遺産分割協議が成立したとしても、意思能力を欠く人が加わっているのですから、遺産分割協議そのものが無効になります。

 

 相続人の中に認知症の人がいる場合、まず、静岡家庭裁判所に成年後見人の選任の申立てをする必要があります。

 

 成年後見人には、本人の家族が選ばれることがありますが、親族間に対立がある場合、弁護士等が選任されることになります。

 

 静岡家庭裁判所から選任された成年後見人が、その後、遺産分割協議に参加して、遺産分割の協議を成立させることになります。

 

 

弁護士にご相談される方は事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※誠に恐れ入りますがお電話でのご相談は実施しておりません。ご相談はご予約のみとさせていただいております。

HOME 弁護士紹介
事務所紹介
アクセス
弁護士費用





鷹匠法律事務所の無料相談

コンテンツ

所属弁護士による著書

明治維新とあるお雇い外国人 「副島種臣」 後藤象二郎と近代日本 斎藤隆夫 法律相談時間のご案内 事務所概要 アクセスマップ
⇒詳細はこちら
鷹匠法律事務所
ImgLS10.jpg後遺障害
破産サイトバナーImgLS150001.jpg
図40001.png労災バナー.png
皆様のお役に立てるように・・・
私たちは依頼者にとって
最幸の結果を目指します。
お気軽にご連絡ください。
弁護士にご相談の方は
こちらまで
0120-33-1348