静岡の弁護士による遺産相続・遺産分割・遺留分の相談。弁護士法人鷹匠法律事務所。

弁護士が安心を提供します! 静岡の弁護士による相続相談所

  • トップページ
  • 事務所概要
  • 弁護士紹介
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • 相続手続き
  • 生前贈与を活用した相続対策についてお話しします!

生前贈与を活用した相続対策についてお話しします!

相続人になる方に,あなたが生前贈与する場合,税務署に異議を述べられないように,
次の3点について注意する必要があります。

1  あなたと相続人となる方との間で贈与契約書を作成し,贈与契約(「タダであげます。」「もらいます。」との合意)の存在を明白にしなければなりません。


贈与契約は口頭でも可能ですが,あとで税務署から否認された場合,証明することができなくなる場合もあります。

2  あなたが相続人となる方にお金をあげるとすると,あなたの銀行の預金からお金をおろし,それを相続人となる方の指定する銀行口座に振込んだ方がベストであると思います。


こうしておけば,誰の目から見ても,贈与がなされた事実が明白になり,
税務署もそれを否認しないと思います。

3  あなたが,相続人になる方の預金通帳や印鑑を預かり,事実上管理していることになると,相続税の調査があった場合,税務所から贈与の事実が否認され,相続税が課されることがあります。


もらった財産の管理は,もらった人が行うことが原則です。


4 暦年贈与の活用について

  
贈与税は,相続税よりは税率が高いですが,暦年贈与を活用すればその短
所を補うことができます。
暦年贈与は,その年の1月1日から12月31日の1年間の贈与を受けた財産の合計額が対象となります。

この暦年贈与によると,毎年合計110万円まで非課税となりますので,
自分の財産を相続させたい方に,1人につき毎年110万円の範囲内であげれば,もらった方に贈与税がかからないことになります。


あなたにたくさんの預貯金があれば,この暦年贈与をして相続財産を減ら
し,相続税の支払いを少なくすることをお勧めします。
 

5 相続時精算課税制度の活用について


相続時精算課税制度とは,原則として60才以上の父母又は祖父母から,20才以上の子又は孫に対し,財産を贈与した場合に選択できる制度です。

この制度を利用したいと考えた場合,受贈者から,各地の税務署長に届出をしなければなりません。
この規定の適用を受けた贈与者から受贈者への贈与財産は,適用を受けた年以降はすべて相続税の課税財産に加算され,相続税の課税対象となります

一度,この規定を受けると,後で撤回することができませんので注意する必要があります。
将来値上がりすると思われる財産の贈与や,高収益があがると予測されるマンション等の賃貸物件を贈与して,相続よりも早い段階で,相続人に賃料収入を渡してあげたいと考える場合には,この活用をすることが適しています。

相続時精算課税制度を選択した場合,贈与税の基礎控除はありませんが,複数年にわたって利用できる限度額2500万円の特別控除額があります。


課税対象額につきましては,暦年贈与の場合と同じく,贈与時の相続税評
価額となり,これが相続財産として加算されることになります。


将来値下がりすると予測される不動産を贈与しますと,かえって納税額が
上がってしまうこともありますのでご注意下さい。

相続時精算課税制度では,2500万円を超える贈与に対しては20パー
セントの贈与税を納付することになります。

但し,相続税の申告時に,精算課税によって取得した財産を加算すると共
に,20パーセントの贈与税は,納付すべき相続税から控除され,控除しきれなかった贈与税は還付されることになります。

暦年贈与の場合,相続開始前3年以内の贈与に限って,相続財産に加算さ
れ,相続税の対象となりますが,この場合でも,既に納付した贈与税があれば,相続税から控除されます

この場合,納付すべき相続税を超える贈与税の納付があったとしても,贈
与税は還付されませんので留意して下さい。
 
なお,相続開始前,3年以内の贈与が加算されるのは,その相続で財産を取得した人に限られます。
A相続人以外の人に対する贈与は,相続財産には加算されません。


6 配偶者に対する贈与の活用

 婚姻期間が20年以上経過した配偶者から,居住用の土地・建物又は居住用の土地・建物を取得するためのお金を贈られた場合,それらの財産にかかる贈与税の課税価格から2000万円を控除することができます。

これを配偶者控除といいます。
この配偶者控除は,相続開始の年においても適用を受けることができますし,相続開始前3年以内の贈与財産の相続財産の加算の対象ともなりません。

この制度を活用すれば,相続税の納付を低く抑えることが可能となります。
以上,生前贈与を活用した相続対策についてお知らせしましたが,この他に,期間は2019年3月31日と限定されていますが,1500万円までの教育資金の一括贈与や,1000万円までの子や孫に対する結婚,子育ての資金の一括贈与の贈与税非課税制度がありますのでご活用下さい。

さらに,2021年12月31日までと限定されていますが,子や孫に対する住宅資金取付資金贈与の非課税税制制度もあります。

以上は,合法的に節税できる制度ですので,活用されたらよろしいかと考えます。

相続について知りたい方は以下のコンテンツをご覧下さい

相続の流れ

当事務所にご相談いただけましたら、経験に基づき、滞りなく手続きを進めるお手伝いが可能です。お気軽にご相談ください。相続の流れについての詳細な説明は、コチラのページへどうぞ。
 

法定相続人とは

法定相続人とは、法の規定によって遺産を受継ぐ資格のある人のことのことを「法定相続人」と呼びます。
当事務所にご相談いただけましたら、基準に則った相続のお手伝いが可能です。お気軽にご相談ください。法定相続人についての詳細な説明は、コチラのページへどうぞ。

 

相続できる財産

当事務所では適切な財産評価を行い、スムーズな財産の相続をお手伝いいたします。お気軽にご相談ください。相続財産についての詳細な説明は、コチラのページへどうぞ(具体例を挙げて説明しております)。 

 

相続人調査と財産調査

当事務所では弁護士が調査を行い、間違いのない相続のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。
相続人、財産の調査についての詳細な説明は、コチラのページへどうぞ。
 

相続・遺言・遺留分Q&A

相続、遺言、遺産分割についてよくあるご質問について、Q&A形式でお答えしております。詳しくはコチラのページへどうぞ。
 

相続コンテンツ一覧

弁護士にご相談される方は事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※誠に恐れ入りますがお電話でのご相談は実施しておりません。ご相談はご予約のみとさせていただいております。

HOME 弁護士紹介
事務所紹介
アクセス
弁護士費用





鷹匠法律事務所の無料相談

コンテンツ

所属弁護士による著書

明治維新とあるお雇い外国人 「副島種臣」 後藤象二郎と近代日本 斎藤隆夫 法律相談時間のご案内 事務所概要 アクセスマップ
⇒詳細はこちら
鷹匠法律事務所
ImgLS10.jpg
鷹匠法律事務所
破産サイトバナーImgLS150001.jpg
図40001.png労災バナー.png
皆様のお役に立てるように・・・
私たちは依頼者にとって
最幸の結果を目指します。
お気軽にご連絡ください。
弁護士にご相談の方は
こちらまで
0120-33-1348