静岡の弁護士による遺産相続・遺産分割・遺留分の相談。弁護士法人鷹匠法律事務所。

弁護士が安心を提供します! 静岡の弁護士による相続相談所

  • トップページ
  • 事務所概要
  • 弁護士紹介
  • アクセス
  • お問合せ

相続放棄とは


相続は被相続人の死亡と同時に開始されますが、その相続財産にはプラス財産もあれば、借金などのマイナス財産もあります。

現在のような不景気の場合、プラスの財産を相続した結果、多大な借金を相続してしまうというケースも増えております。
 
そのような事態を防ぐために、相続人がそれら財産や借金の相続を「引き継がない」と家庭裁判所に申請することができます。
正確には「相続放棄の申述」といいます。
 
相続放棄できる物としては、基本的には相続対象となるプラス財産及びマイナス財産の全てです。
 
 

相続対象となる物


1.「不動産」「現金」「株式」「自動車」等のプラスの財産

2.「借金」「住宅ローン」「損害賠償債務」等のマイナスの財産
 
 

相続放棄ができる期間はたったの3ヶ月・・・・!?

 
相続放棄は、通常の場合は、被相続人が亡くなったときから、3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければいけません。

相続放棄をするかどうかを判断するためには、相続人が財産、借金のどちらが多いのか調査してその内容を把握する必要があります。
その、調査期間として、「3ヶ月」の期間が設けられているわけです。
 
 

条件が揃えば3ヶ月を過ぎても相続放棄はできる可能性は高いです!!

 
相続放棄をしようと思ったが、3ヶ月を過ぎてしまっているためできない!諦めて欲しい・・・・といわれてしまった方。
諦めるのはまだ早いです。

条件が揃えば3ヶ月を過ぎても相続放棄はできる可能性は高いのです。

相続放棄は相続が開始して(親族が亡くなられて)から、3ヶ月以内にするのが通常ですが、例えば、亡くなったことを知っていた。自分が相続人であることも知っていた。ただ、被相続人は借金があることを知らなかったので相続放棄はしなかった。というケースの場合、最高裁判所は相続放棄を認めました。

◆昭和59年4月27日、最高裁判所は下記のように判断をしました。 
死亡という事実および自分が相続人であることを知った場合でも、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じており、かつ、相続人においてそのように信ずるについて相当な理由があると認められる場合には、相続人が相続財産の全部若しくは一部の存在を認識したとき又は通常これを認識し得べかりし時から起算されるべきものである。
 
要するに、3ヶ月を過ぎても相続放棄を認められる場合があるということです。
 
繰り返し言いますが、条件が揃えば3ヶ月を過ぎても相続放棄はできる可能性は高いということです。

また、相続放棄を申述して、不受理であったとしても、そのことが申述人の不利益になることはありませんので、被相続人に思わぬ借金等が発見され、取立てに苦慮しているようでしたら、早目に家庭裁判所に相続放棄の申述の手続をしましょう。
 
3ヶ月を過ぎたからといって相続放棄を諦めることは必要はなく、まず弁護士に相談してみましょう。

 

相続について知りたい方は以下のコンテンツをご覧下さい

相続の流れ

当事務所にご相談いただけましたら、経験に基づき、滞りなく手続きを進めるお手伝いが可能です。お気軽にご相談ください。相続の流れについての詳細な説明は、コチラのページへどうぞ。
 

法定相続人とは

法定相続人とは、法の規定によって遺産を受継ぐ資格のある人のことのことを「法定相続人」と呼びます。
当事務所にご相談いただけましたら、基準に則った相続のお手伝いが可能です。お気軽にご相談ください。法定相続人についての詳細な説明は、コチラのページへどうぞ。

 

相続できる財産

当事務所では適切な財産評価を行い、スムーズな財産の相続をお手伝いいたします。お気軽にご相談ください。相続財産についての詳細な説明は、コチラのページへどうぞ(具体例を挙げて説明しております)。 

 

相続人調査と財産調査

当事務所では弁護士が調査を行い、間違いのない相続のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。
相続人、財産の調査についての詳細な説明は、コチラのページへどうぞ。
 

相続・遺言・遺留分Q&A

相続、遺言、遺産分割についてよくあるご質問について、Q&A形式でお答えしております。詳しくはコチラのページへどうぞ。
 

相続コンテンツ一覧

弁護士にご相談される方は事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※誠に恐れ入りますがお電話でのご相談は実施しておりません。ご相談はご予約のみとさせていただいております。

HOME 弁護士紹介
事務所紹介
アクセス
弁護士費用





鷹匠法律事務所の無料相談

コンテンツ

所属弁護士による著書

明治維新とあるお雇い外国人 「副島種臣」 後藤象二郎と近代日本 斎藤隆夫 法律相談時間のご案内 事務所概要 アクセスマップ
⇒詳細はこちら
鷹匠法律事務所
ImgLS10.jpg後遺障害
破産サイトバナーImgLS150001.jpg
図40001.png労災バナー.png
皆様のお役に立てるように・・・
私たちは依頼者にとって
最幸の結果を目指します。
お気軽にご連絡ください。
弁護士にご相談の方は
こちらまで
0120-33-1348